お知らせ

2022-05-07 11:51:00
「りんご公園」散策

弘前公園の桜まつりも終わり、GWも明日一日となりました。

連休中、昨年に比べれば少し遠出もしましたが、まだちょっと旅行とかは気が引けちゃいますよね・・・。

早くコロナ前のような生活に戻れることを切に願うばかりです。

 

そんな中、連休中も仕事ではありましたが、少し仕事をサボってりんご公園を散策しに行きました。

 

目的はリンゴの花ではなく、敷地内にある古民家「旧小山内家住宅」。

4年ほど前、「伝統再築士」の資格を取得して以来、古民家には触れ合う機会もありませんでしたので、復習も兼ねて見学してきました。

 

津軽の古民家住宅で好きな居室は「まげ」と言われる場所。

 

この辺の年配の大工さんたちは、屋根裏部屋やロフトのことを「まげ」と言う人もいますが、

古民家住宅では馬小屋の屋根裏部屋のことで、そこには使用人、津軽弁では「かれご(借子)」と言われる人が寝泊まりしていたそうです。

 

使用人は朝から晩まで農作業を手伝い、その代わりに些細な食事を頂き、馬小屋の屋根裏部屋で寝させてもらう。

昔の人は凄いなぁと改めて感じさせられます。

 

昔の家主と使用人との関係、「おおやけ」の家の造り方や生活環境、勉強していて楽しいです。

ただ、当時の生活を体験してみたいとは思いません・・・(笑)。

 

私の祖父は、おおやけの家で「かれご」をしており、父はそこの「まげ」で産まれたと聞いたことがあります。

 

今度は他の古民家住宅の「まげ」も見学してみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2022-04-21 17:08:00
「隣のお家」着工です

弘前公園の桜が満開だそうです。

しかし聞いた話だと出店や催し物はまばらだとか・・・。

来年こそは!と願うばかりです。

 

そんな中、土用の間日、「隣のお家」はいよいよ着工致しました。

 

今がちょうど春土用。「家を建てる」や「土を掘る」などはあまりよろしくない期間とされていますが、土用の間日だけは土を掘っても良いと聞きます。

なので、土用の間日に基礎の根掘りを行いました!。

一生の一度の家づくり。多少なりとも縁起は担いで工事をさせて頂いております。

 

 

来月には柱建て。そしてお盆前には引き渡しをと考えてます。

 

今のコロナ禍。そしてウクライナ問題。

順調に資材が納品されることを願い、そして最高の良い家を造ることをお約束してさらに工事を進めて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022-04-17 14:16:00
雪害によるアフター工事

いよいよ稲の苗作りシーズンを迎えました。

田んぼでは、燃える男の赤いトラクターが縦横無尽に走り回っております。

農家の皆さん、今年も美味しいお米お願いしますね!。

 

話は変わって今年の冬は記録的な大雪に見舞われて、大変な思いをした方やいろいろと心配が多かった冬だったと思います。

家屋の被害に遭われた方々にはお見舞いを申し上げます。

 

弊社でも雪解け早々から、雪害に遭われた家屋の修理を行ってきましたが、今年は一段と多く、まだ終わり切れておりません。

 

また、弊社が創業して10年になり、創業から新築も工事させて頂いておりますが、10年目の今年になって初めて新築されたお施主様から数件、雪害の報告がありました・・・。

初めてのことでもあり、自分の家が壊れる以上にショックが大きかったです・・・。

 

もちろん全てが火災保険で保証され、特にお施主様がご負担することは一切ありませんでしたが、心配をお掛けさせてしまったことには深くお詫び申し上げます。

 

雪のことは十分に熟知して、雪によって壊れることの無いように、特に雪の被害を被りそうな箇所は頑丈かつ強靭に施工しているのですが、それでも今年の冬は想定を上回る大雪でした・・・。

 

今まで弊社で施工させて頂きましたお施主様には、雪で破損しているところは無いか、今一度お家の周りを確認して頂ければ幸いです。

どんな大事な仕事よりも「アフター工事」を優先させて頂いておりますので、引き続き宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

2022-04-16 16:22:00
「高屋のお家」小雨の上棟

弘前公園の桜は開花したようですね。

でも、いまいち盛り上がりに欠ける今年の桜まつり・・・。

今年でコロナ禍での自粛も三年目・・・。これが最後の年になって欲しいものです。

 

そんな中「高屋のお家」、小雨の中ではありましたが無事に上棟致しました。

 

数日前の土台敷きの時には、最高気温が27度の夏日。

弊社の職人たちは顔を真っ赤に日焼けしての作業でしたが、上棟日は一転息が白くなるほどの寒さでした。

 

5月の中頃には木工事を終え、7月には完成・お引き渡しをしたいと予定を組んでおります。

 

ここまで来れば工事完成はあっという間。まだ決めて頂くことは多少ありますが、もう少し完成までお付き合い頂ければと思います。

 

2022-04-10 13:04:00
「隣のお家」春風吹き注ぐ地鎮祭

だいぶ雪解けが進み、もう平地では雪は見られなくなりました。

あんなにいっぱいあった雪、解け始めるとあっという間ですね。

裏の軒下では「ばっけ」も枯れ始め、そろそろ「つくしんぼ」が頭を出しそうです。

 

そんな中、「隣のお家」では地鎮祭が行われました。

 

今回の地鎮祭を執り行う神社は、お施主様が何十年も前からの古いお付き合いのある神主との事でした。

お札には「天照大御神」との文字。

天照は天皇の祖神で、八百万もある神々の中では最高位にあるとは以前調べたことがありましたが・・・、実際に天照大御神の地鎮祭に参加するのは初めての経験でした。

私もこうして様々な地鎮祭に参加でき、本当に勉強になります。

 

奏上も神主によっては様々で、内容も理解するのは無理ですが・・・、良い家が出来るようにと祈祷している事は十分に伝わってきます。

 

今週からいよいよ基礎着工しますが、五月末の大安には上棟、そしてお約束通りお盆前にはお引き渡しをしたいと考えております。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...